胡蝶蘭大輪の種類や品種って?贈答用の相場と選び方

胡蝶蘭大輪の特徴と選び方

開店・開業祝いからお悔やみの供花まで、幅広いシーンで人気の胡蝶蘭ですが、中でもその豪華さで抜群の存在感を放つのが大輪の胡蝶蘭です。

そして、実は大輪にも色や品種、大きさなど、いろいろな種類があるのをご存知ですか?

今回は、特別なひとへ贈るにふさわしい胡蝶蘭の選び方を、相場やマナーを交えてご紹介していきたいと思います。

胡蝶蘭大輪の特徴

胡蝶蘭大輪の特徴

胡蝶蘭は、花の大きさによって「大輪」「中大輪」「ミディ」の3種類に分けられます。

中でも最も花が大きい「大輪」の胡蝶蘭は、開店祝いや開業祝いをはじめ、移転祝い・就任祝いといったビジネスシーンに多く利用されています。

大輪の花は、ひとつで約10cm~15cmもあり、それが20~40輪も整然と並ぶ姿は特別な席にふさわしい豪華さを誇ります。

特に「大輪白」の胡蝶蘭は、特別なお祝いのシーンだけでなく、お悔やみの供花としても人気があり、冠婚葬祭になくてはならない生花と言えるでしょう。

さて、そんな大輪の胡蝶蘭にはどんな特徴があるのでしょうか。

大切な方へ恥ずかしくない贈りものをするためにも、その種類や相場について確認しておきましょう。

1.胡蝶蘭大輪の色と品種

胡蝶蘭には様々な品種がありますが、ギフトに利用される胡蝶蘭は品種ではなく「色別」に売買されています。

そしてその色は王道の「白」以外にも、ピンクや黄色をはじめグラデーションまで含めると種類も豊富です。

ここでは大輪の胡蝶蘭を色別に、その代表的な品種を簡単にまとめてみました。

品種
白系 白コチョウラン
赤リップ系 コチョウラン赤リップ
ピンク系 コチョウランピンク
紫系 パープルエレガンス
黄色系 サンライズスター
ブルー系 ブルーエレガンス

胡蝶蘭は定番色の白やピンクよりも、まだ珍しい黄色や青色など希少性のある方が値段も高くなる傾向にあります。

2.胡蝶蘭大輪の大きさ

大輪の胡蝶蘭は、色や品種以外に「3本立ち」「5本立ち」といった“本数”にも種類があります。

2-①.大輪3本立ちと5本立ちの違い

大輪3本立ちと5本立ちの違い

上記の画像は、大輪の3本立ちと5本立ちの胡蝶蘭を比較したものです。

これらはひとつの株から伸びたものではなく、3本立ちには3株、5本立ちには5株というように複数の胡蝶蘭が寄せ植えされています。

この立ち数が増えると以下の表のように高さや横幅も大きくなります。

そして本数が多くなったり、1本の長さが長くなるほど輪数も増えるので自ずと値段も高くなります。

種類 高さ
3本立ち 70~80cm前後 45~50cm程度
5本立ち 80~90cm前後 50~65cm程度

他にもホテルのロビーや結婚式会場、大きな式典や展覧会など、その規模に合わせて7本立ちや10本立ち、それ以上の豪華絢爛な胡蝶蘭大輪が飾られます。

2-②.胡蝶蘭大輪の値段の相場

胡蝶蘭大輪の値段の相場は、本数と輪数、そして色や品質によって変わります。

同じ色・本数・輪数の胡蝶蘭大輪でも、新種だったり名誉ある賞を受賞した胡蝶蘭の場合は、より高額になります。

種類 店頭相場 通販相場
3本立ち 2万円~ 1.5万円~
5本立ち 5万円~ 4万円~
胡蝶蘭のネット販売は、生産者直送システムを導入する事で大幅なコスト削減を実現しています。
これにより、店頭価格と比べてより高品質な胡蝶蘭をお得に購入することができます。

贈答用の胡蝶蘭大輪の選び方

大輪の胡蝶蘭を選ぶ際に気をつけたいポイントについてまとめてみました。

大輪の胡蝶蘭を選ぶ際のポイント!

  • 目的で選ぶ
  • 色や用途で選ぶ
  • 大きさと予算で選ぶ

目的で選ぶ

目的で選ぶ

まず、胡蝶蘭を贈る目的が「お祝い」「お悔やみ」かで、ふさわしい色が違ってきます。

お祝いに贈る胡蝶蘭は何色を選んでも問題ありませんが、お悔やみに贈る胡蝶蘭の色は白が基本となります。

胡蝶蘭をお悔やみに贈る場合

お通夜やお葬式のご霊前に贈る胡蝶蘭は、「白」が鉄則です。

但し、初盆や一周忌など、四十九日以降の供花であれば淡いピンクや黄色い胡蝶蘭でも構いません。

ご霊前の白い胡蝶蘭には「黒か白黒リボン」が定番です。
四十九日以降の供花につけるリボンは、「白」や「ライトピンク」「ライトイエロー」などの淡いカラーを選ぶと良いでしょう。
はなとスタッフアイコン

また、葬儀会場のスペースなどによっては、「供花・供物を辞退する」というケースもあります。

特に今回のように大輪の胡蝶蘭を贈る場合は、飾るスペースが必要になるため、必ず事前にご遺族の確認を取るようにしましょう。

胡蝶蘭をお祝いに贈る場合

胡蝶蘭大輪をお祝いに贈る際には、先述の通り色選びに制約がないので予算や用途、先様のイメージや飾るスペースなどに合わせて選ぶと良いでしょう。

胡蝶蘭の色や用途で選ぶ

色や用途で選ぶ

大輪に限らず、胡蝶蘭の中でギフトとして最も選ばれている色は「白」です。

“清純”という花言葉通り、崇高で神聖な意味合いの強い色なので、「白い胡蝶蘭」は冠婚葬祭における生花の王道とも言えます。

しかし、胡蝶蘭には「白」以外にも、紅白やピンク、黄色・紫・青など様々な色が存在します。

特に、“あなたを愛します”という花言葉を持つ「ピンク」の胡蝶蘭は、女性への贈りものとして人気があります。

また、大輪の場合は存在感があるので、取引先の事業内容やコーポレートカラーに合わせたり、お相手のお好きな色を選ぶと、より印象付けることができるのでおすすめです。

以下の表では、法人ギフトと個人ギフトの用途に合った胡蝶蘭の色をまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

用途に合わせたおすすめの色

法人ギフト 個人ギフト
全てに対応 全てに対応
紅白 当選祝い 長寿祝い(還暦・卒寿・白寿・百賀)
ピンク 開店・開業祝い 女性におすすめ
黄色 落成・移転祝い 新築・引越祝い
長寿祝い(傘寿・米寿)
開店・開業祝い 長寿祝い(古希・喜寿)
開店・開業祝い 個性的な方へ

胡蝶蘭の大きさと予算で選ぶ

大きさの章でご説明した通り、同じ大輪の胡蝶蘭でも3本立ちか5本立ちか、その大きさによって必要となる設置スペースが変わってきます。

専用ロビーなどがあるオフィスや病院、店舗など、十分に飾るスペースが確保できる場合には、華やかな5本立ちの大輪胡蝶蘭がおすすめです。

一方、美容室や飲食店、クリニックや個人のお宅など、設置スペースが限られる場合には、3本立ちを贈る方が良いでしょう。

とは言っても、胡蝶蘭大輪の中で最もメジャーなのは3本立ちなので、失礼になることはありません。

迷ったら3本立ての大輪を選ぶと失敗しませんよ。

相場を踏まえた予算で選ぶ

開店祝いや開業祝い、就任祝いや移転祝いなど、お祝いに贈る胡蝶蘭の相場は相手先との関係性によって異なります。

ここではおおよその目安になる相場をまとめてみたので、予算と照らし合わせて選ぶと良いでしょう。

関係性 相場
取引先(法人) 5万円~
取引先(個人) 2万~5万円程度
家族・親戚 1万~5万円程度
友人・知人 1万円~2万円程度

大輪の胡蝶蘭を贈る時のマナー

大輪の胡蝶蘭を贈る時のマナー

贈りものにはマナーがつきものですが、こと大輪の胡蝶蘭に関しては特に注意しておきたい点が3つあります。

①飾るスペースの有無を確認する

大輪の胡蝶蘭を贈る際に、最も重要なのが飾るスペースがあるかどうかです。

せっかく立派な胡蝶蘭を贈っても、「置くところがない!」となれば先様の負担になってしまいます。

そうならない為にも、事前に足を運んでスペースがあるかどうかを確認するか、電話で問い合わせておくと良いでしょう。

それが難しい場合は、比較的飾りやすい3本立てにしておきましょう。

②立札やメッセージカードを添える

胡蝶蘭を贈る時は立札やメッセージカードを添えるのがマナーです。

用途に合わせた例文を参考にして、誤字などがないよう十分注意しましょう。

③お届け日時に注意する

開店祝いや開業祝いは、お届け日時にも十分配慮するのがマナーです。

先様に最も負担が少ないのは、前日か当日の午前中。
確実に受け取りが可能な時間帯を指定するようにしましょう。

胡蝶蘭大輪のミニ知識

胡蝶蘭大輪の歴史

胡蝶蘭大輪の歴史

胡蝶蘭というと、優美で大きな花を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、意外なことに、こうした大輪の胡蝶蘭の原種はそのほとんどが小型の品種なのだそう。

この原種どうしの交配が精力的に始まったのは、19世紀の終わり頃と言われています。
つまり、約100年の間に胡蝶蘭の大輪化が進んだということになります。

胡蝶蘭大輪の花には、当時の育種者たちの夢と希望が込められていたのですね。

ちなみに、胡蝶蘭が日本に入ってきたのは明治時代と言われ、末期には国内でも交配が盛んになったそう。

大輪の胡蝶蘭ができるまで

大きなものでは15cm以上にもなる胡蝶蘭大輪。

その花を咲かせるには、約2年半から3年の年月がかかると言われています。

こうした手間と愛情を注がれて育った胡蝶蘭大輪の花は、まさに努力の賜物であり、だからこそ人々を魅了して止まないのです。

まとめ

胡蝶蘭大輪まとめ

今回は、胡蝶蘭の大輪について、その特徴から贈答用の選び方、おすすめの胡蝶蘭までご紹介してきました。

特別な日に、特別な人へ贈るにふさわしい胡蝶蘭が見つかりますように。

メニュー

予算で選ぶ

用途で選ぶ

種類で選ぶ

色で選ぶ

メニュー

予算で選ぶ

用途で選ぶ

種類で選ぶ

色で選ぶ