胡蝶蘭中大輪の種類や値段は?贈答用の相場と選び方まとめ

胡蝶蘭中大輪の種類や値段は?贈答用の相場と選び方まとめ

胡蝶蘭といえば豪華絢爛な大輪が有名ですが、実はギフトで最も人気が高いのは中大輪と呼ばれる胡蝶蘭です。

贈るシーンや飾る場所を選ばないため、開店祝いや開業祝いといったお祝いの席からお悔やみの供花まで幅広く用いられています。

でも実際に贈るとなると、何を基準に選んだら良いのか迷いますよね。

そこで今回は、胡蝶蘭中大輪の種類や色、大きさなどの特徴や値段の相場、贈る際のマナーなどについてご紹介したいと思います。

胡蝶蘭中大輪の特徴

コチョウランは、日本では蝶が舞う優雅さを連想することから、「胡蝶蘭」と表すことになっています。
しかし、一方でファレノプシス(Phalaenopsis)という学名もあります。
ギリシャ語のphalaina(蛾)とopsis(見かけ)の2語からなり、「蛾のような」という意味になります。

花言葉は「清純、幸運、幸運を運んでくる」という意味もあるため、縁起のいいお花とされているのです。

今では冠婚葬祭に欠かせない生花となっている胡蝶蘭は、大きく「大輪」「中大輪」「ミディ」という3つに区分されています。

では、その中でも「中大輪」と呼ばれる胡蝶蘭には、どんな特徴があるのかみていきましょう。

1.胡蝶蘭中大輪の色と品種

花を咲かせるまでに約2年半から3年もの期間を要する大輪の胡蝶蘭と比べると、栽培しやすい中大輪は色や品種も豊富なのが特徴です。

特に淡い色から濃い色、グラデーション、柄や模様など、新しい品種が次から次へ発表されるのも胡蝶蘭中大輪がギフトとして人気の理由のひとつです。

★胡蝶蘭中大輪の代表的な色と品種

品種
白系 エンジェルホワイト、ダイヤモンドスター
赤リップ系 メリーベル
ピンク系 クレール、ピンクデニッシュ、
ほのか、ももこ、ハルガスミ、
ピンクエンジェル、スーパーマーメイド、
ラブピーチ、ジェシーズガール、
エデン、プリンセスグレイス
紫系 パープルレイン、フレアー、
スパークワイン
黄色系 ゴールデンエイジ、ライムライト

ギフト用のものなど、一般に出回っている胡蝶蘭の多くは交配種です。

毎年新品種が出回りますが新しい形・色・模様を持ったものはほとんどなく、定番の形の胡蝶蘭が出回ります。

そのため、きちんとした品種名がつけられているのはごくわずかです。

最近では、花に模様を描いたり、花が上下に並ぶように誘引したりなど、目新しいものも増えています。

2.胡蝶蘭中大輪の大きさ

胡蝶蘭は、「大輪」「中大輪」「ミディ」の3種類に大別され、以下の表のようにそれぞれ大きさが異なります。

3本立てを基準にすると、以下のようになります。

種類 花の大きさ 高さ
胡蝶蘭大輪 10~15cm 80cm~100cm
胡蝶蘭中大輪 6~10cm 70~80cm
ミディ胡蝶蘭 3~6cm程度 50~70cm

上記の表の通り、胡蝶蘭中大輪は最も大きな大輪と小ぶりなミディの丁度中間くらいのサイズになります。

飾るスペースを心配する必要がない割に華やかさもあるので、贈る側にも贈られる側にも人気があります。

2-①.中大輪3本立ちと5本立ち、7本立ちの違い

贈答用の胡蝶蘭中大輪の定番といえば白花の3本立ちですが、今ではより大ぶりで豪華に見える5本立ちも人気で、7本立ちというものもあります。

その違いは、鉢の中に胡蝶蘭が何株入っているかで決まってきます。

鉢の中に、胡蝶蘭が3株入っていれば3本立ち、5株入っていれば5本立ちです。

この上に7本立ち、10本立ちというようになります。

この立ち数が増えると豪華さも増し、値段も高くなります。 

立ち数 高さ
3本立ち 約50〜70cm 約40〜50cm
5本立ち 約70〜85cm 約45〜60cm

2-②.ミディ胡蝶蘭中大輪とは

ミディ胡蝶蘭中大輪とは、ミディ胡蝶蘭の中でも花びらの大きさが中大輪に近いものを指します。

中大輪の花の大きさが約6~10cmに対し、ミディ胡蝶蘭の花の大きさは約3~6cmです。

高さはミディ胡蝶蘭の50~70cmを基本としているため、玄関のシューズボックスの上やリビングテーブル、コーナーなど飾る場所を選びません。

また、中大輪よりも個性的な柄や色が多く、個人のプレゼントとして非常に人気があります。

2-③.胡蝶蘭中大輪の値段の相場

胡蝶蘭中大輪の相場は立ち数・花輪数によって違いがありますが、3本立ちであれば15,000円~40,000円、5本立ちで25,000円~50,000円くらいが主流になっています。

但し、珍しい色や柄・新しい品種、受賞歴のある胡蝶蘭の場合はより高額になります。

また、ネット通販の胡蝶蘭専門店の場合は生産者直送システムを採用しているため在庫管理・配送面でのコスト削減により、店頭販売価格よりも1割~2割程度お得に購入することができます。

贈答用の胡蝶蘭中大輪の選び方

①目的で選ぶ

胡蝶蘭をお悔やみに贈る場合

お悔やみに贈る供花は「白い色」、そして「トゲのあるものは避ける」のがマナーとされています。

そのため、トゲのない白の胡蝶蘭はお悔やみでよく贈られる花となっています。

また、洋花葬でも、和花葬でもどちらでも合います。

葬儀の際は、遺族の宗派によって供花の種類も配慮しなければなりませんが、白の胡蝶蘭であれば基本的にどのような葬儀でも失礼には当たりません。

ただし、教会や葬儀会場によっては持ち込みを禁止している場合やご遺族が供花を辞退されるケースもあるので、必ず事前に確認することが大切です。

胡蝶蘭をお祝いに贈る場合

開店祝いなどで胡蝶蘭を贈りたい場合は、ふつう大きな胡蝶蘭の「大輪」が選ばれます。

しかし、贈られた側が置き場所に困ってしまうという可能性もあります。

そこでおすすめなのが、中大輪の胡蝶蘭です。

②胡蝶蘭の色や用途で選ぶ

胡蝶蘭の中で贈りものとして最も人気がある色は、「清純」という花言葉を持つ白い胡蝶蘭です。

次いで、「あなたを愛します」という花言葉を持つピンクの胡蝶蘭がメジャーです。

しかし、胡蝶蘭には白・ピンク以外にも紅白・紫・黄色・オレンジ・青など美しい色があります。

特に胡蝶蘭中大輪は色だけでなく柄も豊富なことから、お相手のイメージに合わせて個性的な胡蝶蘭を贈ることができるのでおすすめです。

贈るシーンに合わせたおすすめの色

【法人ギフト】
・あらゆるシーンに対応:白
・当選祝いや受賞祝いなど:紅白
・開店祝い・開業祝いなど:ピンク・紫・オレンジ・青
・落成祝い・移転祝い・新築祝い・引越し祝いなど:黄色
【個人ギフト】
・長寿祝い(還暦・卒寿・白寿・百賀):紅白
・長寿祝い(傘寿・米寿):黄色
・長寿祝い(古希・喜寿):紫
・女性へのお祝いやプレゼントなど:ピンク

また、落成祝いや新築祝いで胡蝶蘭中大輪を贈る際、気をつけるべき色が「赤」です。
ラッピングやリボンを含め赤一色の胡蝶蘭は、火を連想させるため、絶対に避けようにしましょう。

③胡蝶蘭の大きさと予算で選ぶ

胡蝶蘭は大きさによっても金額に差が出るため、相場を踏まえた予算で選ぶことも大切です。

開店祝いや開業祝い、就任祝いをはじめ、お祝いに贈る胡蝶蘭はもちろん、お悔やみに贈る胡蝶蘭もその相場は、以下のように相手先との関係性によって違いがあります。

★相場の目安

関係性 相場
ビジネス関係の取引先 50,000円~
個人の取引先 約20,000~50,000円
家族や親戚 約10,000~50,000円
友人や知人 約10,000~20,000円

ご自身の予算と照合しながら検討すると良いでしょう。

中大輪の胡蝶蘭を送るときのマナー

中大輪3本立ちは、開店祝いや新築祝い、退職祝いなどさまざまなお祝いに贈られ、どのような場面にも合います。
そのため、一般的なお祝いには、中大輪3本立ちを選べばまず間違いはないでしょう。

スペース

葬儀場や広い置き場所があるお宅であれば、存在感のある5本立ちを送るのもいいでしょう。
しかし、スペースがそれほどないような場合には、大きいものだと迷惑になってしまう可能性もあります。

大輪の胡蝶蘭と比べるとひと回り小さな中大輪は、独立した設置スペースがあるお宅であれば存在感のある5本立ちがおすすめです。

しかし、スペースがそれほどないような場合には、中大輪でも迷惑になってしまう可能性もあります。

特にお客様が出入りする店舗や飲食店などの開店祝いに贈る場合には、同じ中大輪でもよりコンパクトな3本立ちであれば小ぶりなので、贈られた側も扱いがしやすいので安心です。

胡蝶蘭中大輪の3本立ちは開店祝いや新築祝い、退職祝い等どんな場面にでも合うので、一般的なお祝いには3本立ちを選べば、まず間違いはありません。

立札

開店祝いなどでは、お花よりも意外に立札のほうが見られているということがあります。

一般的に立札には、お祝い文言やお悔やみ文言と、依頼した人の名前が必要です。

立札が立派ですと、お花自体も美しく素敵に見えるので、立札の存在は意外に大きいです。

また、裏側に胡蝶蘭を贈った記念日やメッセージを入れると、より相手に伝わる贈り物になるでしょう。

メッセージカード

親しい方へ胡蝶蘭を贈る際には、メッセージカードを添えるのがおすすめです。   

基本的に、決まった形はありません。

お手紙のように自由に好きな内容が書くことができます。 

お届け日など

お悔やみに胡蝶蘭を贈る場合

・葬儀に贈る場合
 …葬儀に間に合うよう葬儀会場宛に送る
・自宅に贈る場合
 L枕花:お通や
 L後飾り:葬儀後
 Lその他:初七日から四十九日まで

ただしお悔やみに胡蝶蘭を贈る際には、訃報を知らせる葉書などに「御供花の義はご辞退申し上げます」といった表記がある場合は葬儀への供花は避けるのがマナーです。

お祝いに胡蝶蘭を贈る場合

・開店祝い・開業祝い
 …開店や開業の前日もしくは前々日
・就任祝い・栄転祝い
 …就任や栄転の当日以降の仏滅を避ける

同じお祝いでも開店・開業と就任・栄転祝いでは、贈るタイミングが違います。

ビジネスシーンでは、こうしたちょっとしたマナーが印象を左右する場合もあるので注意しましょう。

胡蝶蘭中大輪の育て方

胡蝶蘭の中でもメジャーな中大輪は、贈ったお相手から育て方を聞かれたり、逆にもらう側になったりする可能性もあります。

そんな時のために、最後に胡蝶蘭中大輪の育て方のポイントについて紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

胡蝶蘭中大輪の育て方は、他の大輪やミディの場合と基本的に変わりません。

胡蝶蘭は、明るい窓辺に置いて育てることがポイントです。
冬の最低温度を15℃以上に保てれば、マンションでも一戸建てでも花を咲かせることができます。

お花をもらってからしばらくは、玄関や会社の受付などに飾ることも多いと思います。

その後は、日当たりのよい窓際に置いてあげましょう。

エアコンの風が当たる場所だけは避けて、根元の水ゴケが乾いたら、霧吹きなどで水ゴケを湿らせる程度に水をあげます。

風通しの悪いところや極端に暑くなるところ、冬の夜間に特に冷えるところに置くのも避けるようにしましょう。

はなと質問アイコン
Q.花が枯れてしまったら?
A.思い切ってカットします!
胡蝶蘭の花が枯れてしまったら捨ててしまう人も多いようですが、まだ諦めてはいけません!
足元の株が生きていれば、また花を咲かせることもできます。
再びお花を咲かせるポイントは、その茎の一番下の花の少し下あたりで切ることです。
そうすると、切った付近の茎から、新しい茎が生えてくることもあります。
はなとスタッフアイコン

他の鉢植えと比べて、1ヶ月から3ヶ月もその美しい花姿を楽しむことができる胡蝶蘭だからこそ、しっかりお世話をして長く愛でてあげたいですね。

まとめ

胡蝶蘭は、お悔やみにでもお祝いにでも贈ることができる、まさに万能なお花です。

中でも、大きさ・色・育てやすさ・値段などのバランスが最も取れているのが今回ご紹介した「胡蝶蘭中大輪」です。

あなたの大切な方へ胡蝶蘭中大輪を贈る際、適切なマナーと合わせて役立てていただければ幸いです。

メニュー

予算で選ぶ

用途で選ぶ

種類で選ぶ

色で選ぶ

メニュー

予算で選ぶ

用途で選ぶ

種類で選ぶ

色で選ぶ