胡蝶蘭の品種にはどんなものがある?種類や色、柄や模様で異なる魅力とは?

胡蝶蘭の品種にはどんなものがある?種類や色、柄や模様で異なる魅力とは?

「清純」や「幸福が飛んでくる」などの花言葉をもつ胡蝶蘭には、さまざまな種類や品種があるのをご存知ですか?

色は白やピンク、黄色など、そして大きさは一番大きい大輪から中輪、小さなサイズのミディまであります。

今回は胡蝶蘭の種類や品種、色や柄など、その独特な魅力をご紹介していきます。

胡蝶蘭の歴史と品種

胡蝶蘭の歴史と品種

今の胡蝶蘭の元となる原種は、19世紀の前半に東南アジアで発見されました。

たまたま南米からイギリスに持ち込まれたカトレアが火付け役となり、ヨーロッパに蘭ブームが巻き起こりました。

富裕階級の人々は珍しい蘭を求め、ハンターを世界中に派遣させました。その結果、東南アジアのジャングルの中から今の胡蝶蘭の原種が発見されたのです。

その蘭が日本にやって来たのは明治時代。

ヨーロッパでは「蛾のような」という学術名がつけられましたが、日本ではその花びらが蝶に似ていることから「胡蝶蘭」と名付けられました。

南国の植物を寒い日本で栽培するのは簡単ではありませんでしたが、明治末期より温室栽培が盛んになったこともあり、胡蝶蘭は市民にだんだんと普及し始めました。

この頃から胡蝶蘭の品種改良も積極的に行われるようになり、白色、ピンク、模様入りのものなど、今も目にするような品種が増えてきました。

見た目の美しさだけではなく、「花もちが良くなるように」「強い株になるように」と常に品種改良は行われています。

毎年たくさんの品種が生まれていますが、名前がついているものでは現在50種類ほどの品種があります。

胡蝶蘭の種類と特徴

数多くの品種がある胡蝶蘭ですが、代表的なお花を大きさ別にご紹介します。

①大輪系

胡蝶蘭の中でも一番大きい種類の大輪。大輪の3本立ちや5本立ちはギフトとしても圧倒的な存在感を持ちます。

大輪系の白で有名な胡蝶蘭は「ソゴウユキディアン」や「ファイバーストーンカプリ」、「フォリオソリッド」など。

赤リップでは「サブリナ」や「アートストーン ラウンド」があります。

②中大輪系

中大輪は一回り小さめの胡蝶蘭になりますが、エレガントさをもったお花です。

有名な品種では白色の「ダイヤモンドスター」。
大輪では最も生産量の多い「ソゴウユキディアン」とミディ系の代表作、「アマビリス」がかけ合わせて作られています。

大輪よりも価格的にも若干安くなり、贈りやすいお花です。

③中輪系

中輪系はまたさらに一回り小さめの胡蝶蘭です。

ゴージャスさよりも可憐さ、かわいらしい印象のあるお花で「ヴィーナスポット」など、カラフルなものやピンクがかったお花が人気を集めています。

④ミディ胡蝶蘭

ミディ胡蝶蘭で有名なのが「アマビリス」です。
全体が真っ白で清楚なイメージがあり、どんなシーンにもギフトとして喜ばれるお花です。

小さめの胡蝶蘭なので、スペースも取らず友人や家族など、個人へのギフトとしても最適です。

⑤ミニ胡蝶蘭

ミニ胡蝶蘭は胡蝶蘭の中でも一番小さなお花です。場所も取らず、扱いやすいところが特徴。

青いミニ胡蝶蘭、「ブルーコメット」やピンクのミニ胡蝶蘭「カララ」などの品種はとても可愛らしいお花ですよ。
デスクにさりげなく置いても素敵です。

色別に見る胡蝶蘭の品種

次に、胡蝶蘭の色別に品種を見ていきましょう。

それぞれの特徴をご紹介します。

白色胡蝶蘭

白い胡蝶蘭は、胡蝶蘭の中で一番贈られている色といっても良いでしょう。

フォーマルなビジネスシーンから個人へのプレゼントとして、幅広く贈られている定番色です。

白色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】ソゴウユキディアン
【特徴】
・丈夫で花並びが良い

【品種】アマビリス
【特徴】
・中大輪よりも小さめのミディ胡蝶蘭
・小さめなのでスペースを取らず、個人にも贈りやすい
・気品がありミディの中では1番人気

【品種】ダイヤモンドスター
【特徴】
・大輪よりも一回り小さめの中大輪
・丈夫で花もちが良い
・高級感がある
※ダイヤモンドスターは白大輪で人気のソゴウユキディアンとミディ胡蝶蘭のアマビリスをかけ合わせて作られました。

ピンク胡蝶蘭

「あなたを愛します」という花言葉ももつピンクの胡蝶蘭

プロポーズや結婚式、あらゆる幸福のシーンやお祝いのプレゼントとして贈られている色です。

ピンク色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】サクラヒメ
【特徴】
・リップが濃いピンク
・中心から外側に向かって白くなるグラデーションが美しい

【品種】キャンディーソレーラ
【特徴】
・ピンクの花びらにうっすらとストライプが入っている
・中大輪の花の中でもボリュームがある
※キャンディーソレーラはウェディングドレスとレオパートプリンセスという品種をかけ合わせて作られました。

【品種】ユメザクラ
【特徴】
・花びらが大きめで淡いピンク色
・花並びが良く上品

赤リップ胡蝶蘭

花びらが白く中心部分が赤い、赤リップの胡蝶蘭は色の組み合わせから、就任祝いや当選祝い、長寿祝など、おめでたいシーンで贈られる胡蝶蘭です。

また、黄色い花びらに赤リップの胡蝶蘭もあり、こちらも華やで明るい雰囲気を持つお花です。

赤リップ胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】セミアルバ
【特徴】
・真っ白な花びらに赤のリップ
・お祝い事の贈り物として人気

【品種】ゴールデンエイジ
【特徴】
・淡い黄色の花びらと赤リップが華やか

【品種】フォーチュンザルツマン
【特徴】
・淡い黄色の花びらに赤リップ 
・ミディ胡蝶蘭なので贈りやすい

赤の胡蝶蘭

胡蝶蘭では白やピンク、赤リップがポピュラーですが、深い赤の胡蝶蘭もエレガントで素敵です。

赤色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】タイダサルー
 
【特徴】
・スポットの明かりでは真っ赤に見えることも

紫の胡蝶蘭

高貴な色として扱われている紫の色をした胡蝶蘭は、白や赤リップとはまた異なる品格があります。

ピンクや赤に近い紫や、白い花びらに紫のストライプが入っているもの。
斑点がついているものなどがあります。

「パープルエレガンス」は染色技術を利用して紫色に染められています。

紫色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】満天紅
 
【特徴】
・赤ピンクに近い紫色のミディ胡蝶蘭

黄色の胡蝶蘭

黄色い胡蝶蘭も華やかで明るい雰囲気があり、贈り物として人気です。

その場の空気をパッと明るくするような鮮やかな黄色から、上品な淡い黄色の胡蝶蘭までさまざまです。

黄色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】グリーンアース
 
【特徴】
・大輪の胡蝶蘭 
・緑がかった淡い黄色が上品

※グリーンアースは白い胡蝶蘭同士の交配過程で偶然に生まれた品種です。
淡いイエローグリーンをしたグリーンアースは「世界らん展」で胡蝶蘭の最上位のブルーリボン賞を受賞しています。

オレンジの胡蝶蘭

オレンジ系の胡蝶蘭も珍しい色です。

色の幅も、鮮やかなオレンジから落ち着いた色のオレンジまで様々。

蘭に詳しい人に贈っても喜ばれる色です。

オレンジ色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】サーフソング
 
【特徴】
・少し茶色がかったオレンジ
・近年の新品種
・ミディ胡蝶蘭

緑の胡蝶蘭

緑の色をした胡蝶蘭は、品種改良により誕生したものはとても少なく、主に染色技術によって色が付けられています。

緑色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】グリーンエレガンス
 
【特徴】
・染色液によって色が付けられている
・生産量が少なく、非常に希少

青い胡蝶蘭

青い色をした胡蝶蘭は、緑の胡蝶蘭と同じく交配で生まれたものは非常に少なく、染色技術によって生産されています。

それだけにとても希少価値の高い色のお花です。

遺伝子組み換え技術によって生まれた「青いコチョウラン」は“らん展”などで見ることができますが、一般的に流通はしていません。

青色胡蝶蘭の代表的な品種と特徴

【品種】ブルーエレガンス
 
【特徴】
・染色液によって色が付けられている
・生産量が少なく、非常に希少

柄や模様が個性的な胡蝶蘭の品種

胡蝶蘭は色だけでなく、珍しい柄や模様があるお花もあります。

ストライプ模様やまだら模様、グラデーションがかかっているものなどがあります。

ここではその中から、代表的なものを少しだけご紹介しますね。

①ストライプ模様

ストライプ模様は、筋花ともいわれています。
花全体に線が入り、パッと目を引く華やかさがあります。
ピンクやオレンジのストライプがあり、花びらが白か黄色かでもずいぶん印象が変わってきます。

代表的な品種と特徴

・フレアー
…ピンクのリップ、白い花びらに薄くストライプ入り

・パーヴェルチア
…ピンクの花びらに濃いストライプ入り

②まだら模様

まだら模様が入った胡蝶蘭は、点花ともいわれています。

花全体にスポットと呼ばれる斑点模様が入っているのが特徴です。

スポットの大きさや量でずいぶんと印象が変わってくる個性あふれる品種です。

代表的な品種とその特徴

・ポルカドット
…白い花びらに紫色の斑点がある

・ジャモカコーヒー
…白い花びらに紫のまだら模様が入っている

③グラデーション

グラデーションが入った胡蝶蘭も上品で素敵です。

内側から外側へ白っぽく変わるグラデーションと、外側へ向かって白くなるグラデーションではまた雰囲気が変わってきます。

代表的な品種とその特徴

・ピンクエンジェル
…中心は濃いピンク、外側に向かって白くなっている

・フェアリーマジック
…濃いピンクのリップ、白と濃いピンクのグラデーションがあり、薄いストライプが入っている

品質の良い胡蝶蘭の見分け方

品質の良い胡蝶蘭の見分け方のポイントをご紹介します。ギフトで贈るなら、元気のあるお花の方が良いですよね。以下の項目をチェックしてみてください。

①花をチェック

☑花が大きい、光沢がある、肉厚でシミや傷がない
☑花の並びが左右整っていて輪数も多い
☑蕾が2~3個ついている

②葉をチェック

☑きれいな緑色をしている
☑株もとが変色していないか

③茎をチェック

☑茎が黄色、または黒色に変色していないか
☑太くて弾力がある
☑まっすぐに伸びている

④形をチェック

☑左右に整っているか

胡蝶蘭を購入するなら通販がおすすめ

胡蝶蘭は生花店やネット通販で購入することができますが、このようなチェックポイントは素人が目で見ただけでは難しいところがあります。

その点、ネット通販の場合は産地直送型なので扱っている胡蝶蘭の種類も多く、生産者もプロが揃っています。

希望を伝えれば、多くの胡蝶蘭の中から今のおすすめを教えてくれるでしょう。

ネット通販といっても、メールや電話で問い合わせることは可能です。

例えば、「長く飾ってもらいたいので蕾がたくさんついているものが欲しい」、「また咲かせたいので丈夫な株が欲しい」などの要望を伝えれば、希望に合った胡蝶蘭を多くの中から選んでくれるはずですよ。

まとめ

胡蝶蘭の種類や色などの品種、見分け方などをご紹介してきました。

胡蝶蘭は目的や贈る相手に合わせ、いろいろな選び方ができるお花です。

贈られる側だけでなく、贈る側も楽しんで選ぶことができるフラワーギフトです。

ぜひ、お相手のイメージに合ったお花を贈ってあげてください。

メニュー

予算で選ぶ

用途で選ぶ

種類で選ぶ

色で選ぶ

メニュー

予算で選ぶ

用途で選ぶ

種類で選ぶ

色で選ぶ